ホームページ作成 愛知

SEO対策についてのインフォメーションページです。

トップページ

当社の強み

制作の流れ

料金表

よくある質問

会社概要

お問い合わせ


SEO対策情報

SEO対策の基本的な考え方
SEOとは、具体的にどのような作業を行うものなのでしょうか?
それにはまず、検索エンジンがどのようなWebサイトを評価するのかを考える必要があります。

Yahoo!およびGoogleがWebページの検索順位を決める要素は、大きく内部要因外部要因に分けられます。

内部要因とは、ページの中に検索キーワードが含まれるか否かといったサイト内部の要素を指し、外部要因とは外部のサイトから、どのようなリンクをどれだけの数をもらっているかという、他のサイトが関連した要素を指します。

検索順位は、内部要因と外部要因で決定されます。


内部要因
タイトルや本文に検索キーワードが使われているか等。


外部要因
他のサイトからどれだけ多くのリンクをもらっているか等。

内部SEO対策
タイトルにキーワードを含める行為や、本文中にキーワードを含める行為は、前者の内部SEO対策に当たります。
自社サイト内での処置であるため、テキストやリンクの編集は容易です。SEOを実施する上で、まず最初に行っておくべき作業となります。

他にも、

サイト内の他のページからリンクを張る。
見出しタグ等でキーワードを強調する。
サイト内の文章量を増やす。

等、いくつかあります。

外部SEO対策
他のサイトから、より多くの、より質の高いリンクを張ってもらう行為を外部SEO対策と呼びます。
検索エンジンは、他のサイトからのリンクを「人気投票」と見なし、評価の指標としています。つまり、被リンクが多いページは、イコール、価値の高いページと判断されるのです。ただし、全てのリンクが評価されるわけではありません。
SEO効果の見込めるリンクとは、そのサイトに関連性が近いものです。
※無関連のリンクであっても少しは評価されます。効果が薄いですが・・・

リンクされる文章にはキーワードが含まれていると良いです。

つまりは「普通のリンク」で良いのですが、都合よくこちらの意図するキーワードでリンクされることは意外と難しいです。

ちなみに、バナー画像などのイメージを使ったリンクの場合は、HTMLソース内にalt属性(オルト属性)という代替テキストを記述することができるので、そこに検索キーワードが含まれるようにすると効果があると言われています。