ホームページ作成 愛知

オンラインバックアップサービス「Dropbox」のさらなる便利な使いこなし方

トップページ

当社の強み

制作の流れ

料金表

よくある質問

会社概要

お問い合わせ


ホームページを作りたい方へ

オンラインバックアップサービス「Dropbox」のさらなる便利な使いこなし方

前回、ご紹介したPCのデータを
オンラインに自動でバックアップする「Dropbox」というサービス。

このサービス、ただバックアップするだけでなく、日常で役立つ便利な機能がたくさんあるんです!

  1. 1. 仕事仲間に大容量のファイルを送信する

Photoshopのデータや、音楽・動画ファイル・PDFファイルなど、
最近のデータはどんどん大容量化していて、
メールでは送れないようなサイズであることもしばしば・・・

宅ふぁいる便などの、大容量ファイルを送るためのサービスもありますが、
いちいちブラウザで画面を開いて、アップロードしてと、時間もかかるし面倒ですよね。

そんな時はDropboxの共有機能を使えば、簡単!
Dropboxフォルダの「Public」というフォルダに共有したいデータを入れて、
右クリックにある「Dropbox」というメニューから「パブリックリンクのコピー」というメニューを選びましょう!これだけで、そのデータをダウンロードするためのURLがクリップボードにコピーされます。

あとは、メール画面でコピペの要領で、URLを貼り付けるだけ。
相手は送られたメールに書かれているそのURLにアクセスするだけで、データをダウンロードできます。

新しく「Public」フォルダに公開する場合でも、ほとんどのデータは、メールを作っている間にはアップロードが済んでしまうので、時間を意識することなく簡単にファイルを送ることが出来てしまいます^^

  1. 2. 2つ以上のPCでデータを同期する

家のPCが何台かあって、データを共有したい場合などよくありますよね。
LANを構築するという手もありますが、初心者には設定も大変で、
最近流行りのE-MOBILEやWiMaxなどでネット環境を構築している場合など、
LANが構築できないケースもあります。

そんな時は2台のPCそれぞれにDropboxを入れて、同じアカウントを設定しましょう。
これだけで、Dropboxを介してDropboxフォルダの中身が自動で同期されます。

ブラウザのブックマークや設定ファイルなどをこの方法で同期すると便利です^^