トップページ

当社の強み

制作の流れ

料金表

よくある質問

会社概要

お問い合わせ


ホームページを作りたい方へ

IPhone iMac iPad

パソコンと言えば、ずっとWindowsOSのものを使用してきた。理由は特にあるわけではないのだが、会社でもWindowsを使用していたし、世間一般に浸透していたせいもあるだろう。
ところがスマホをAndroidからiPhone5に替えてから、パソコンもiMacを買うことになってしまった。(iPhone5に替えたのは2年前の12月でiMacと購入したのもほぼ同時期である)それまでWindowsのパソコン2台を使っていたのだが、VistaのWindowsパソコンはお払い箱となり、Windows7とiMacの2台になったのである。当時のwindows7はまだまだ動きがもっさりというわけではなかったが、いかんせんiMacのさくさく感には及ばず、自然とWindowsを立ち上げる機会は減少しiMacに向かうことが多くなっていった。

この頃はiMacとiphoneのcloud化については、それほど恩恵を感じていなかった。webのお気に入りの共有、メールの特定のアドレスでの受信共有ぐらいであろうか。使いこなしていないと言った方が正しいかもしれない。
iPhone、iMacときて、明確な使い途もないくせにiPadが気になって気になってどうしようもなくなった。当時、モトローラのタブレットを使用していた。『タブレット』なるものを使用したくて購入したものなのだが、ノートPCより手軽でちょっとした旅行にも持ち歩いていた。そのため、タブレットの使い勝手は十二分に理解はしていたのだが、これと言って明確な使用目的もない状況でiPadにまで手を出すのは憚られたのである。

だが、この状況を一変させる出来事があった。昨年の5月31日にひっそりとアップル製品が値上げになったのである。購入するならば3万円をきるiPadminiかなとなんとなく思っていたのだが、そのminiも値上がりし3万を超えてしまうと言う。ツイッターなどで旧価格販売している量販店を探し出し(運良く近所にあった)、翌日予約という形ではあるが旧価格でのminiを手に入れることになった。
iPhone、iPad、iMacと揃ってからは、まさに三種の神器となった。メールの共有はもちろんのこと、この文章も自宅のiMacで書いたものを出先でIPadを使用し書き直したりしている。ノートPCに変わるものとはいかないだろうが、タブレットは手軽で格段に使い勝手が良いのだ。自宅ではiMacが基本だが、今では外出する場合iPadを持ち歩いているので、そうなると電話をあまりしない私はなんとなくiPhoneの使用頻度が低くなっているような気さえする。iPadで電話する勇気はないので、自宅ではiMac&iPad、出先ではiPad&iPhoneという構図がしばらく続くであろうが、まだまだアップル初心者としてはこれからもっともっと使い勝手をよくしていきたいものである。