ホームページ作成 愛知

お小遣いアプリにハマってます

トップページ

当社の強み

制作の流れ

料金表

よくある質問

会社概要

お問い合わせ


ホームページを作りたい方へ

お小遣いアプリにハマってます

消費税がアップしたことでお小遣いを稼ぐことにした。検索をしたところ沢山あった。どれがいいか全く分からず、とにかく詐欺まがいのことは嫌だったので、評価などでリサーチをしてから初めてみた。調べてみたのですが、そんなにあやしいい感じはせずに、適当にダウンロードをして初めてみた。

お小遣いを稼ぐ方法は大きく分けて(もちろん無料で)、アプリのダウンロード・会員登録・auスマートパス・その他という区分で、アプリのダウンロードが面倒な感じがしなかったので初めてみた。会員登録も悪くはないが、見返りの金額が比較的高額で面倒なことを避けたかった。(中にはクレジットカード入会など、メジャーどころの案件がほとんどなので問題はないのかもしれない)。
アプリをダウンロードして、起動すると、画面が数回真っ白になり、普通のダウンロードとの違いを感じることがわかる。一旦終了して、お小遣いアプリをダウンロードすると、「○○ポイントゲット!」となり、ポイントをゲットしたことになる。正直簡単である。これを繰り返すとそれなりにお小遣いが貯まることがわかったが、もらえるポイントは案件(アプリダウンロード)毎に開きがあり、金額に換算すると、2円〜30円ぐらいのようである。また、1日にできる案件も5個未満のボリュームなので、一ヶ月で言うと1000円稼げるかどうかなので、小学生のお小遣いレベルである。である。リアルなアルバイトの方が間違いなく効率は良い。

1000円の使い道であるが、私はiPhoneを所有し当然無料のゲームも行っている。無料ではあるが、ゲームを効率的に進めるには、リアルマネーでアイテムやゲーム内通貨を購入するケースがほとんどである。いわゆるアプリ内課金である。価値観の問題ではあるが、私の場合はアプリ内課金にお金をかけるのは抵抗を感じている。しかし、お小遣いアプリで取得した1000円は元々あぶく銭なので抵抗なくアプリ内課金で使用することができる。大人のプライドでしかないが、お金はお金なので矛盾だらけである。それに、元々は消費税の補填のために始めたので本末転倒と言われてもしょうがない・・・・・・。このようにして私は、「ポケットコロニー」「星の島のニャンコ」を無料で効率的に進めているユーザである。
最近はお小遣いアプリも複数ダウンロードして運用している。現在は10種類ほどである。とはいえアプリダウンロードの案件自体は基本的に共通のようなので、1000円×10種類=1万円・月とはならない。メインでお小遣いを稼ぐアプリの他は、毎日のログインボーナスでポイントをゲットしている。アプリに寄りけりであるが毎日1ポイント=0.1円〜1円が相場である。合計1円×10種類×30日=300円/月+1000円=1300円/月を稼いでいる。(年間約15000円)

このような計算をしながらお小遣い稼ぎをするようになってからは、1円単位でお金を貯める習慣が身についてしまった(1円ゲットでもうれしく感じている)。取得しているポイントは当初はiTunesへポイント変換をしていたか、最近はアマゾンポイントに変換するようにした(ゲームも飽きてきたためアプリ内課金は止めた)。アマゾンに貯めたポイントはiMacやiPhoneX(SIMフリー)の購入を目標にしている。(10年明確であるが・・・・)